2016年11月21日月曜日

1-126 摂州須磨の浦

整理番号:1-126
シリーズ:
名称:攝州須磨の浦
本文:
画像:
 これは所謂手彩色写真といわれるものである。
 須磨の浦とは兵庫県の神戸と明石の間にある須磨にある浦である。信号があることから山陽本線須磨~塩屋間のうち須磨寄りの地点と思われる。
 この区間は1888年に山陽鉄道の路線として開業、1906年に国有化され、1909年の線路名称制定により山陽本線となる。
 
 奥からやってくるのは山陽本線上りの旅客列車で、編成長は長めのようである。機関車は絵がつぶれていて形式特定は困難だが円室からエンドビームに伸びるバーのようなものが確認できるためアメリカ型のように思えるがはっきりしない。客車の形式も特定は困難だが明るめの茶色で塗られている。また、最後尾の客車は少し背が高く、屋根は白、側面は明るい緑で塗られている。最後尾から2番目の客車の窓の下には白い線がみられる。一等車だろうか?

 腕木式信号機の腕が下がっているので進行の意味だと思われます。腕木式信号機は腕木の色でその信号機の意味を表しますが、この場合のいみははっきりしません。

所蔵絵葉書公開ブログに戻る http://blogs.yahoo.co.jp/koba_mamo_ehagakimokuroku

1-104 大阪大正橋の絵葉書

整理番号:1-104
シリーズ:大阪
名称:大阪 大正橋
本文:マー珍ラシイ橋ダンナー、コンダケ長イノニツカガヒトツモノ!テヨーモツタモンヤナー、不思議ヤオマヘンカ、コノ川ダツ木津川デココハ船津ノ渡ト云フタ場所ダンガ、近頃架カツタンデ難波橋ヨリモツト後ニ開通シタノダト
画像:


 大阪大正橋は1914年(大正4年)に木津川に架橋されたアーチ橋で、アーチ支間91.4mの日本最大のアーチ橋だった。
 これは橋を架けるにあたって橋の上流側にあった企業の水運に配慮してできたものであった。しかし地盤が弱い場所に技術が未熟なアーチ橋を架けたことによって橋全体が徐々にたわむようになっていった。戦後にたわみがひどくなったことから架け替えが行われ、1969年にこの橋は役目を終えて解体された。現在の大正橋はこのとき作られたもので、アーチ構造ではなく通常の連続桁橋となった。

 橋の中ほどには路面電車の車両が見える。これは大阪市電九条高津線の西線で1915年(架橋の翌年)開通の路線だ。移っている電車は奥から手前側に向かって走っていることから安治川二丁目渡停留場に向かう電車と思われる。電車の車両番号は見えないが形態からして大阪市電11型と思われる。

木津川には多数の木造の船が見える。手前のつながれている船には特に積み荷は見えないが、橋の陰にほとんど隠れている船には何かしらの積み荷が満載となっている。

橋の上には市電の他に多数の歩く人と人力車が一台見える。暑い日なのか頭巾をかぶっている人もいる。



所蔵絵葉書公開ブログに戻る http://blogs.yahoo.co.jp/koba_mamo_ehagakimokuroku.html

2016年10月8日土曜日

青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない 聖地解説

本日10月8日発売の青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ないの聖地解説です。

さすがに現地を回るのは無理だったので過去に撮影した画像を使っています。

全力でネタバレしていますので未読の方は注意して下さい。










麻衣が運び込まれた病院














はっきりとした描写はないがおそらくいつもの藤沢市市民病院だと思われる。翔子が入院しているのもここである。


咲太らが住むマンション
詳細な位置ははっきりしないが神奈川県藤沢市、藤が丘の団地又はその付近と思われる。7階建てで咲太の家は5階。オートロックのマンションである。
















双葉の家
鵠沼駅からあるいて数分の高級住宅街の一軒家。かなり大きな家である。

七里ガ浜の海岸














劇中で何度も登場するキースポットである海岸。江ノ電七里ガ浜駅から南に進んでの国道134号を渡り、わきの階段を下りてすぐ。

峰ヶ原高校














咲太らが通う高校で、未来では翔子も通うことになる。モデルは県立七里ガ浜高校。

七里ガ浜駅



















江ノ電の駅で峰ヶ浜高校の最寄り駅。一面一線の無人駅である。

藤沢駅
人口40万人の藤沢市の中心駅。JR、小田急、江ノ電の三社が乗り入れるターミナル駅で利用客も多い。しかし、咲太を見ることができたのはただ一人だけだった。

病院からすぐのモール
白旗神社前のTreage。小規模なモールだが昔からある。

新橋駅
JRの駅で東海道線、山手線、京浜東北線などが乗り入れる。駅前広場のSLが有名だが咲太が降りたのは反対側の烏森汐留口。

TV局
新橋駅から歩いて2分の日テレ本社ビルだと思われる。

事故現場
咲太が事故にあうはずで、麻衣が事故で命をおとした交差点。江ノ電江ノ島駅に向かう道と国道134号の交差点でそばには交番がある。

国道134号線をくぐる地下道

翔子と待ち合わせをした龍の灯篭
鷹さ4mほどの石造りの灯篭。江の島弁天橋の入り口に一対立っている。平成12年建立。

病院帰りに寄ったスーパー
ダイエー藤沢店。おそらく藤沢駅北口で一番大きいスーパーである。


上野動物園
正式名称は恩賜上野動物園。パンダで有名な動物園で咲太と花楓が遊びに来た。咲太はかえでとも来ている。

咲太らのバイト先
デニーズ藤沢北口店。咲太、国見、朋絵がバイトをしているレストランで主要キャラクターの殆どはここを訪れたことがある。


咲太と翔子が行った海沿いのチャペル
SCAPES THE SUITE。前巻で咲太と翔子(大)が行った森戸の海の見えるチャペル。とある未来で翔子が咲太と式を挙げたのもここだと思われる。



鶴岡八幡宮
麻衣と咲太が初詣に行った場所。鎌倉の中心部で毎年三が日は初詣の人でごった返す。


七里ガ浜の降りる階段

翔子と再会した階段。






この記事は仮版です。予告なく加筆修正を行いますので注意。

さて、ここまででやっと第一章。次巻からも聖地解説シリーズは続けていく予定ですのよろしくお願いします。




2016年8月17日水曜日

世界の蒸気機関車の大雑把な見分け方

 蒸気機関車はイギリスで発明されて以来世界各地で大量に生産されてきた。
どのようなものでも使われている場所ごとに差が出てくる。それは蒸気機関車でも同じだ。
  
 ここでは蒸気機関車の写真(イラスト)を見たときどこの国の機関車か大雑把に見分けるコツを紹介しよう。ただし、これはかなりおおざっぱな上に例外も多いので注意されたい。



まずは1800年代前半まで。このころはまだ鉄道黎明期で各国の差はあまりない。


次に1800年代後半。ここでやっと各国の機関車の形態に差が出てくる。

・イギリス
 カラフルな塗装。ただし色数は少な目
 ランボードの位置が低く、動輪がランボードの上に飛び出している。

・ドイツ
 黒一色が多い
 イギリスに比べランボードの上に動輪が飛び出すことはあまりない。

・アメリカ
 イギリスと比べて様々な色を使っていて派手
 ランボードが高く動輪は飛び出さない。
 ランボードとデッキがつながってない。代わりにデッキは煙室から伸びる棒で支えられている。



1900年代以降。ここでは主に幹線用の大型機について述べる。

・イギリス
 カラフルな塗装
 ランボードの位置が低く、動輪がランボードの上に飛び出している。
 ランボードとデッキがつながっている

・ドイツ
 車輪周りだけ赤であとは黒
 小型デフレクターがついていることが多い
 
・フランス
 全体的にイギリスに似ているが煙室扉が円錐型のものが多い。

・オーストリア
 煙室扉が観音開きの物が多い。
 形態はドイツに近い

・アメリカ
 煙室だけ銀色に塗られている
 煙室扉は煙室の直系よりもだいぶ小さい





2016年7月3日日曜日

青春ブタ野郎シリーズ5巻 青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない 聖地巡礼

青春ブタ野郎シリーズ5巻、
青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ないの聖地巡礼です。基本的に1~4巻で出てきたスポットに関しての詳細は割愛しています。


10系:
江ノ電10系。紺色の縦長な印象の車両で一編成のみの在籍


かえでを背負う咲太の前に立ちはだかった階段:
七里ガ浜駅をでてまっすぐ海に向かったところにある階段。いつの季節もカップルでにぎわう有名なデートスポット。


鹿野琴美といったファストフード:
ファーストキッチン七里ガ浜店。ただし劇中にあるように2014年秋に閉店してしまった。約半年の改装の末、現在はPacific DRIVE-INがある。


かえでが本来通うはずの中学校:
藤沢市立藤が丘中学校。


マンションを出て最初の大きい交差点:
藤が丘一丁目交差点か?


小金井行の電車:
この物語は2014年なので小金井行の電車は湘南新宿ラインだけなので上野駅には止まらない。どうやらこの世界では上野東京ラインは一年早く開通しているらしい。


上野動物園:
平日でも遠足の子供などでにぎわう首都圏有数の動物園。空太とましろが平日に遊びに来れてるのは自営業に芸術家と休みをある程度自由に取れるからか。

2016年6月21日火曜日

変な鉄道車両No.2 Drehstrom-Triebwagen

MARUMOが選ぶ古今東西の変な鉄道コレクション。第二弾はこれ!
Drehstrom-Triebwagenという名前はドイツ語で、Drehstromが三相交流、Triebwagenが気動車という意味らしい。つまり直訳すると三相交流動車。


三相交流に合わせてちゃんと3組の集電装置だ屋根の上についている。これが一つずつ架線に側面で接触する。

同じ路線を走る別の車両。架線と集電装置の関係がよくわかる。(wikiより)













この車両はドイツ、シーメンス社製の試験車両で、1903年10月28日にベルリン南部の路線で試験走行をした。その時の記録が130mph(210km/h)で、1931年まで破られることはなかった。


出典:SMITHSONIAN TRAIN  -THE DEFINITIVE VISUAL HISTORY-

2016年6月16日木曜日

青春ブタ野郎シリーズ 劇中時間まとめ



劇中時系列(バニーガール冒頭以)後で、
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない
青春ブタ野郎はロジカルウィッチの夢を見ない
青春ブタ野郎はシスコンアイドルの夢を見ない
青春ブタ野郎はおるすばん妹の夢を見ない
青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
青春ブタ野郎はハツコイ少女の夢を見ない
の7冊分の物です



2014年
5月6日 咲太、図書館でバニーガールに出会う
5月7日 桜島麻衣を家に連れ込む
5月21日 咲太、物理実験室を訪ねる。咲太、麻衣と仲直りする
5月25日 咲太、古賀と出会う。麻衣との初デート。咲太と麻衣、大垣へ向かう
5月26日 咲太と麻衣、大垣のホテルに泊まる。咲太、双葉からとある仮説を聞かされる
5月27日 咲田、今までのことをノートに書く。
5月28日 定期テスト二日目。麻衣に勉強を教えてもらう。咲太、麻衣に強制的に眠らされる。
5月29日 定期テスト三日目。咲太、麻衣のことを忘れる。 麻衣への告白。
5月30日 毎日の告白開始
6月27日(1) 毎日の告白最終日。麻衣とお付き合い開始
6月27日(3) 古賀といるところを麻衣に目撃される。
6月28日(1) 古賀がバイト初出勤。古賀と嘘カップルを演じることになる。
6月29日(1) 古賀と江の島デート。米山さんの探し物に付き合う。
6月30日(1) 古賀、前日びしょ濡れになったせいで風邪ひき、一日保健室で過ごす。
7月1日(1) 古賀風邪で学校休む。
7月2日(1) 古賀全快。咲太にお返しの桃缶を持ってくる。
7月5日(1) 咲太、理央に相談するために物理実験室を訪ねる。自分と古賀の噂を聞く。
7月6日(1) 麻衣、鹿児島でのドラマ撮影から帰ってくる。
7月7日(1) 前田先輩と七里ガ浜駅で喧嘩する。
7月8日(1) 咲太、教師に呼ばれ進路指導室のお世話になる。
7月9日(1) 麻衣に家でバニー姿で勉強を教えてもらう
7月12日(1) 古賀と横浜に買い物に行く。
7月18日(1) 終業式 海で遊んだあと古賀と別れる
7月18日(2) 終業式 海で遊んだあと古賀と別れる
7月18日(3) 終業式 海で遊んだあと古賀と別れる
7月18日(4) 終業式 江の島で遊んだあと古賀と別れる
6月27日(4) 麻衣と付き合い始める 古賀、前田先輩を振る
7月3日(2) 屋上へ向かう会談で一人で昼ご飯を食べる古賀を見つけ、一緒に昼を食べる
7月4日(2) 前日と同じく、古賀と階段で昼を食べる。
7月5日(2) 前日、前々日と同じく、古賀と階段で昼を食べる。
7月7日(2) 米山さんと一緒に登校する古賀を見かける。
7月18日(5) 麻衣との帰り道、猫を拾った牧之原翔子と出会う
8月2日 咲太、2人の双葉に合う。双葉と麻衣、咲太の家に泊まる
8月3日 上里に教えられて双葉がやっていることを知る
8月12日 双葉、アカウントを消す。咲太、双葉の家に泊まる
8月13日 双葉と国見と花火をする。咲太学校で倒れて入院する。
8月19日 三人で花火大会を見に行く
8月30日 翔子がはやてを引き取りに来る
9月1日 麻衣とのどかが入れ替わってることを知る
9月12日 撮影中にのどかが倒れる
9月19日 のどか、無事に撮影をおえる
9月21日 父親に会う
9月28日 スイートバレットのライブ のどか、麻衣の本心を知る。麻衣とのどかが元に戻る
10月12日 のどかが麻衣の家に引っ越してくる。翔子からの手紙がポストに投函される。
10月13日 鹿野琴美が高校に会いに来る。かえでがこれからの計画を立てる。かえで、麻衣からの電話に出る
10月14日 かえでの微熱は下がらず
10月17日 かえで、外に出るための作戦を考える
10月18日 かえで、ようやく熱が下がる
10月19日 麻衣、かえでに自分のおさがりの服をあげる。
10月20日 中間試験1日目
10月21日 中間試験2日目
10月22日 中案試験3日目。かえでが玄関の外に出る
10月24日 かえでがエレベーターのところまで行く
10月26日 かえでがオートロックのところまで行く
10月28日 かえでと麻衣の家で夕食をごちそうになる
10月29日 かえでと近所の公園に行く
10月31日 咲太、理央にかえでのことを話す。
11月3日 峰ヶ原高校の文化祭。翔子が遊びに来る
11月9日 かえでと江ノ電石上駅まで行く
11月16日 かえでと海を見に行く。かえでど琴美が出くわす。麻衣、のどか、琴美かえでのことを知る。
11月17日 かえで全身筋肉痛で動けなくなる。かえで、琴美からの手紙を読んで突然意識を失う
11月18日 かえで、病院で目が覚める。一日検査を受けたが異常は発見されず。
11月19日 かえで退院する。かえで、学校に行く決心を固める。
11月20日 麻衣、金沢へ出発する
11月22日 父と中学校へ行き、かえでの入学の準備を始める。
11月23日 かえで、学校へ行く練習を始める
11月26日 かえで、覚悟を決める。かえでと咲太、上野動物園へ行く。かえでと咲太、中学校に忍び込む。
11月27日 花楓、目を覚ます。翔子、咲太の前に姿を現す
11月28日 咲太、花楓と向き合う
12月1日 麻衣と翔子がはちわせる
12月2日 翔子が入院していることが判明。麻衣の誕生日。咲太、金沢に行く。
12月3日 花楓が退院する。
12月4日 咲太、熱を出して学校を休む。
12月5日 風邪が治り普通に投稿する。昼休みと放課後に麻衣に勉強を教えてもらう。
12月8日 期末テスト初日
12月12日 期末テスト最終日。翔子と咲太、突発デート。
12月13日 花楓、髪を切りに行くことを決意する。咲太、麻衣とクリスマスデートの約束をする。
12月14日 翔子の容態が急変する。咲太病院で倒れる。 咲太と麻衣、翔子の真実を知る。
12月18日 咲太、国見と理央に別れの挨拶をする。
12月21日 花楓、麻衣の行きつけの美容院でイメチェンする。咲太と麻衣、熱海に向かいそして決意する。そして咲太は翔子に赦される。
12月24日(1) 咲太、ICUの中の翔子に会う。咲太、麻衣とのデートに向かう。咲太自分が犠牲になることを決意する。麻衣、咲太を庇って事故にあう。
12月25日(1) 麻衣、病院で死亡が確認される。咲太の胸の傷が消える。咲太、双葉の家に移動する。
12月26日(1) 咲太の家の周りに報道陣が集まり始める。
12月27日(1) 麻衣のお通夜。翔子、新造の移植手術を終え、目を覚ます。
12月28日(1) 麻衣の告別式。再び翔子が現れる。咲太、過去に戻る。
12月24日(2) 咲太、古賀の助けを受ける。麻衣がいるテレビスタジオに向かう。自分で自分を事故から救う。
12月25日(2) 咲太と麻衣、学校に向かう。咲太、理央と会う。咲太と麻衣、学校の校庭で雪だるまを作る。麻衣、咲太の父と挨拶する。
12月26日(2) 花楓、学校に行く練習を始める。
12月27日(2) 花楓、学校へ向けて歩き始める。
12月28日(2) 花楓、学校の敷地が見えるところまで進む。
12月29日 咲太と花楓、上野動物園へ遊びに行く。
12月30日 のどか、麻衣が事故にあう夢を見る。朋絵とバイトのシフトが重なる。
12月31日 翔子の母から電話が来る。咲太、翔子を救うことを決意する。翔子、すべてを知り、咲太を救う決意をする。
1月1日 翔子、息を引き取る





1月5日 花楓、一人で学校の校門まで行く。
1月6日 咲太、麻衣と初詣に行く。咲太、翔子と出会う。






未来 咲太と翔子、結婚する。翔子、梓川翔子となる