2012年4月30日月曜日

秩父鉄道乗車記~C58 めんまエクスプレス~

今日は秩父鉄道にSL乗りに行ってきました。
その内容をお送りします。
 町田から横浜線で八王子へ・・・
 八王子にいた相模線の車両。相変わらず変わった顔をしてる・・
 日光号。N’EXの成れの果て。改造後は初めてみたなあ
 八王子から八高線で寄居まで・・・高麗川までは電車の旅~
 高麗川駅で気動車に乗りかえ。ディーゼル音を聞きながら寄居へ・・・
 昼飯は寄居駅秩父線ホームの立ち食いそばやで・・・おいしかったです。

寄居からは東急8500・・・じゃなくて秩父7000に乗って三峰口まで・・・
 1000型(青)国鉄の電車はすばらしい。
 三峰口にいた6000型芝桜ヘッドマーク付き。

この後鉄道公園へ移動。


 以上三枚は鉄道公園の保存車両。ちゃんとした解説は後日やるかもしれない。
 駅の先の廃線跡。一応レールがあるのわかります?少し「スタンド・バイ・ミー」をして遊びました。
 そして本命のSL登場。にしても並びがカオスです。西武もいるし・・・

 転車台にて。なんか少し転車台の調子が悪かったみたいですが無事に回りました。
鉄道公園のヨ15の上から撮影。
 切替しの写真。割とよく撮れてる。
 12系客車の指定席サボ。めんまです。
 そして自由席サボ。ここにもめんま。
 ヲキフ妻面。面白い窓配置ですね。
 少し前の踏切事故で前面がボロボロになった車両。まだ放置されていた。
 SLについていたヘッドマーク。ここにもめんま。めんまばっかりであなるやつるこはどうしたんだろう・・・どうやらめんまエクスプレスは週末限定だったみたいです。
 ヘッドマークをつけた6001。熊谷にて。。。
 熊谷→大宮→上野→蒲田 
基本的にグリーン車で移動。
 蒲田で夕飯を食ってから帰宅。横浜~藤沢間はグリーン車。
 グリーン車の下側はやっぱ低い。そういえばここ数年グリーン車乗ってなかったな・・・
 藤沢で小田急に乗りかえ。自宅へ・・・
本日の友。休日お出かけパス。とってもお得なんでおすすめですよ~


以上が今回の旅行です。ゴールデンウィーク後半では大鉄にいきます。

2012年4月29日日曜日

都内Nゲージ旅行

今日は水道橋のNゲージ販売会などに行ってきました。

渋谷→代々木→水道橋(JR)
水道橋のぽちではマイクロのEF65レインボー重連セットとEF66の0番台を購入。
EF65とEF66の写真は後日あげます。
水道橋(都営)→三田→大門
 大門で並んだ京急の車両。本当に都営かよ、ここ。
 なんとなく駅名標。初めて大門で降りた気がする・・・
 少し時間があったのでお昼に。おいしいおそばでした。
この向かいのビルの五階でやってた模型市を少し物色。でも何も買わなかった。

大門→東日本橋→馬喰横山→岩本町
 S08、岩本町
 そしてなんとなく京王

アキバでヨドバシ行ったりポポン行ったりGMストア行ったり・・・

そして上野御徒町へ、
 調整中で開きっぱなしのホームドア。なんか新鮮である。
上野御徒町→春日→白金高輪
 雨漏りの応急処置がみすぼらしい・・・
 そして東急3000。幕故障なのか、側面の表示が消えていた。
目黒→大岡山→二子玉川
 大井町線のナンバリング駅名標は始めてみた気がする。
 なんとなく二子玉川から二子新地を望む・・・


おまけの桜。ウチから少し行ったところの公園の八重桜です。


あしたは秩父に行く予定です。

2012年4月23日月曜日

小田急DT0800について①

小田急の事業用機械についてです。今回は無蓋貨車のDT0800シリーズです。
DT0800には小田原側の形状により少なくとも三種類確認しています。
ここではそれぞれAタイプ、Bタイプ、Cタイプとします。
 まずはAタイプ。
次にBタイプ
 最後にCタイプです。

これまでDT0800は12両確認しています。

DT0812 Bタイプ
DT0813 Bタイプ
DT0814 Bタイプ
DT0816 Bタイプ
DT0817 Aタイプ
DT0818 Aタイプ
DT0825 Cタイプ
DT0826 Cタイプ
DT0827 Cタイプ
DT0828 Cタイプ
DT0829 Cタイプ
DT0830 Cタイプ

以上です。
DT0800は、バラストなどを運搬するための車両です。桜ヶ丘や伊勢原などによくいます。
そして、必ずTMC2000と一緒にいるようです。




2012年4月15日日曜日

JR東の事業用車①

一ヶ月ほど前、JR藤沢駅から辻堂方面に少し行ったところにある側線にやつらはいました。 5両の無蓋貨車たち。形式名不明

上の写真で一番手前の車両



同じく二番目の車両






四番目の車両







五番目の車両

5両全てが
JR東の東京省力化軌道工事区所属でKOMATSU製である。

写真を見ればわかるようにかなり錆びてる古そうな車両である。


おそらく何もつんでなかった。



形式名、車両番号(管理番号)がわかる方はコメントください。

2012年4月8日日曜日

TMC2000研究②



TMC2000の諸元について。今回は写真の標準型のTMC2008の諸元です。


マツヤマ軌道モーターカー

平成15年12月製造


重量:20t

全長:5~6m程度

全幅:不明、通常の鉄道車両よりか狭め。

全高:不明、通常の鉄道車両よりか低め。


性能

水平
単車300t、重連540tを時速35㎞で牽引できる
10‰
単車175t、重連315tを時速20㎞で牽引できる
25‰
単車100t、重連180tを時速10㎞で牽引できる
35‰
単車85t、重連150tを時速8㎞で牽引できる。


ブレーキ装置
外接式ドラムブレーキ

塗装
新塗装

ライト
角三灯

2012年4月7日土曜日

TMC2000研究①

TMC2000とは小田急が保有する軌道モーターカーである。以下は完全に自己研究についてです。公式資料等はまったく参照してません。あしからず。 上は標準型新塗装のTMC2008。


標準型旧型車新塗装TMC2002




クレーン付きタイプ旧塗装のTMC2012-C

2灯タイプですね。






発電機付きタイプ旧塗装のTMC2017-E
3灯タイプです。



これまでに確認したTMC2000形は


TMC2002
TMC2005
TMC2006-E
TMC2008
TMC2010-C
TMC2012-C
TMC2013-C
TMC2015-C
TMC2017-E
TMC2018-E
TMC2020
TMC2021
TMC2022
の13台。




番号の後に英字がないものは牽引機能のみの標準型。汎用タイプであり、DT、BRT、FBなど様々なタイプの事業用貨車と連結する。
現在TMC2002、TMC2005、TMC2008、TMC2020、TMC2021、TMC2022の6台が確認されている。



番号の後にCが付いているものはクレーン付きの車両。同じく汎用タイプだがクレーン付き貨車であるBRTと連結されることは少ない。

TMC2010-C、TMC2012-C、TMC2013-C、TMC2015-Cの4台が確認されている。

番号の後にEが付いていつものは発電機と思われる青緑色の箱が付いている。クレーン付き貨車のBRTと一緒にいる状態しか確認されていないため、BRTのクレーンを動かすための電力を供給するための車両と思われる。
TMC2006-E、TMC2017-E、TMC2018-Eの3台が確認されている。


また、塗装は新塗装と旧塗装の二種類がある。おそらく定期検査の際に塗り替えられているもよう。




旧型のTMC2002はライトが丸いのが特徴である。

前側のライトは三つのものと二つのものがある。







たしかに存在するのにだれも目を向けない事業用機械。みなさんも注目してみたらいかがですか?